デリケートゾーンのにおいは雑菌の大好物

デリケートゾーンの悩みは、誰もが持っているもの。

形や陰毛の濃さ。

他にも多いのは、やはりにおいに関してではないでしょうか。

男性は視覚情報を重要視するとはいえ、いざセックスの最中に、強烈なにおいを感じてしまうと、それまでの興奮が嘘だったかのように一気に冷めてしまうものです。

これはある意味で防衛本能が働いているともいえます。
においの有無によって、性感染症にかかっていると判断する男性は多いですから、セックスを拒否され、セックスレスになり、EDになってしまうことも珍しくありません。

においに関しての悩みは多い

生理の際の経血は、独特のナマ臭いにおいがするのは、女性の皆さんなら感じていることでしょう。
更に生理前2週間ほどからは、おりものの量なども増えてしまい、アソコのにおいを気にして、セックスを求められても、あまりする気になれないという女性も多いものです。

こういう風になってしまうと、セックスをできる期間というのは、かなり限定されることになります。
そしてパートナーは誘っているのに、それを拒否するという行為を行うと、プライドを傷つけ、どうせ断られるからと、どんどんと誘ってこなくなるのです。

においが原因になって、セックスレス、そしてパートナーのEDと、どんどんと悩みが増えていくことになってしまう。
だとするなら、においの原因と対策を覚えておき、的確な対処をしていくべきです。

においの原因になっているのは?

においの原因になるのは、雑菌だと言われています。
雑菌が繁殖をし、それらの雑菌が排出する老廃物がにおいになるのです。

とくにおりものは、雑菌の大好物であるたんぱく質が多く含まれていますから、頻繁にティッシュで拭き取るなどをして、対処していきましょう。

他にも汗、経血、恥垢や尿といったものが雑菌の栄養になりますから、やはり清潔にすることを心がけるのが一番の対策です。
恥垢や尿などであれば、シャワーを浴びるなど綺麗にすることは可能ですが、経血の量をコントロールすることや、汗をかかないようにするといったことはできませんからね。

他にも婦人病などにかかってしまっている可能性も考えられます。
性感染症のみならず、子宮内膜症や、子宮頸がんなどになったりすれば、おりものの色が変化したり、強烈な悪臭を放つことになるのです。

清潔にしているはずなのに、なかなかにおいが収まらなかったり、おりものが白ではないといった場合には、婦人科の診察を受けるようにしましょう。