デリケートゾーンの老化を感じたら

パートナーがEDになり、セックスレスになってしまった。

こういった悩みを抱えている女性は少なくありません。

パートナーがEDになってしまった要因は、パートナーの老化だと決めつけるのは良くありません。

もしかしたら、あなたにだけ反応してくれないという、いわゆる妻だけEDの状態であるのだとすると、むしろ、あなた側のデリケートゾーンの老化が要因になっている可能性が高いと言えるでしょう。

膣美人なんてことが言われていますが、ちょっとでも膣のゆるみを感じたら、膣トレーニングを行い、セックスの際にパートナーを満足させる膣美人を目指すべきでしょう。

意外と多い膣の緩み

女性も30代から40代ともなると、およそ30パーセント前後の女性が、尿漏れを経験しているというデータがあります。
一概には言えませんが、これは、完全な膣の老化。

具体的に言うと、骨盤底筋という筋肉が弱くなってしまっている状況なのです。
この筋肉は、子宮や腸といった器官を支えてくれている重要な筋肉であり、運動不足が加齢などによって、簡単に衰えてしまう筋肉でもあるのです。

更にいえば、女性の一大イベントとされている出産。
これを経験しただけでも、この筋肉は衰えてしまうとされています。
他にも肥満や便秘が多いという方の多くも、この骨盤底筋が弱まっている可能性が高いと言われています。

この他にも、尿意を感じた時に、我慢できる時間が極端に短くなった方。
排尿の際に尿量などをコントロールすることができなくなっている。
膣内の潤いが減ってきたように感じる方。
セックスの際に、空気が入り、ピストンの際に音が出るようになった。

湯船に入った際に上がると膣内から水が漏れ出してくるといった方などは、膣老化になってしまっている可能性が多分にあります。

トレーニングで膣美人を目指せ

前述のような状態になったのであれば、そのまま放置すると、妻だけED。
そしてセックスレスという最悪の事態を招くことでしょう。

簡単にできるので、膣トレーニングを行い、パートナーをがっかりさせないようにすべきです。
肩幅で立ち、5秒ほどの時間をかけて、息を吸い込む。
この際、膣の部分を上方へ引き上げるようにイメージしながら、力を込めて締めていくのです。

息を止めてその状態をまた5秒キープ。
最後に5秒かけて、身体の力をゆっくりと抜く。
たったこれだけのトレーニングで膣美人になれるのであれば、やらなきゃ損ですよね。

肩幅で立てる場所であれば、電車の中であろうと、テレビを見ながらでも行えます。