デリケートゾーンのIラインとVラインの黒ずみは深刻

食生活の変化や不規則な生活もその要因にはなりますが、やはりパートナーのデリケートゾーンの見た目が悪く、セックスをする気が起きなくなってしまう。

結果、アダルト動画などで自己処理を行い、簡単に性処理をしてしまうことから、それが慣れてしまい、セックスの際にEDになってしまうというケースが増えています。

その見た目で敬遠されるのが、黒ずんだVラインやIラインと言われています。
他人のをまじまじと見る機会などはないですから、自分が引かれるくらいに黒いのかを判断するのは難しいですが、できれば黒ずみ対策を行っておきましょう。

刺激を減らす努力をすること

裸族でもない限り、普通の方は、入浴時やセックス時以外は、下着などを身につけて隠しているのが通常です。
つまりは、下着であったり、衣類による刺激を受け続けている部位であるともいえます。

ここで注意したいのは、自分の身体にマッチしたサイズのものを身に着けているか。
他にもマッチした形状のものをチョイスしているか。
素材にこだわっているかなどです。

見た目のことを気にして、小さなサイズのものであれば、刺激を高くしてしまいますし、形状もしかりです。
締め付けが強いタイプでは、どうしても刺激が強くなり、黒ずみを作ってしまうことになります。

コットンやシルクといった通気性が良く、刺激が少ない素材のものをチョイスするだけでも十分な対策になるのです。

こういった対策を行わず、黒ずみができてしまったという方も、諦めるのは、まだまだ早いです。
そもそも、デリケートゾーンは、メラニン活性が起こりやすい部位ですから、黒ずみはできやすい部位になります。

対策をしていても、黒ずんでしまうことも珍しくありません。
市販されている美白クリームでも、根気よく使い続けることによって、改善に導くことも可能です。

ただし即効性がないのが難点。
そういった場合には、美容皮膚科などに相談をしてみるのも、一つの解決策です。
医師でしか処方することができない強力なクリームを処方してもらうことができます。

他にもレーザー脱毛などを行うことによって、メラニンを減らすこともできますから、毛の処理と黒ずみ改善の両方を行うことができるのです。

たかが見た目と思うかもしれませんが、男性は視覚情報を非常に重要視する生き物ですから、EDやセックスレスにさせないためにも、努力はしていきたいですね。