デリケートゾーンをピンク色にするために優しく洗う

デリケートゾーンの臭いの根本になっているのが、VラインやIライン部分の洗体不足になるわけですが、正しい洗体方法を身に着けていない方がほとんどなのです。

優しく洗うが基本

臭いの要因は、雑菌の繁殖や、恥垢を取り切れていないといったものになります。
洗体の仕方としては、優しく洗うというのが基本です。

なぜ優しく洗う必要があるのか。
それは他の身体の部位に比べ、デリケートという名が付いているとおり、皮膚が薄く、弱い部位だからです。

ボディーソープなどを直接塗りたくり、ボディータオルなどでゴシゴシと力任せに洗っていませんか?
こういったことをしていると、傷がついてしまい、そこから雑菌が入って、性感染症になってしまうことも十分にありえます。

基本的には泡だてネットなどを使って、泡立てたボディーソープや石鹸の泡を使って洗体していきましょう。
その際に注意すべき点としては、洗顔とは違って、ただ泡を乗せて流すという方法では、完全に汚れが落ちないということです。

優しくというのは変わりませんが、指の腹の部分などを使い、陰核や会陰の部位もしっかりと洗っていきましょう。

鏡を使ってチェックしながら

シャワーやボディーソープの泡だけでは、完全に綺麗にすることは難しいもの。
そして、性器の部分は、自分では見えないものです。
洗う時には、手鏡などを一緒に持って行き、チェックをしながら洗体することがオススメです。

陰核の部分には包皮に包まれている部分もありますし、複雑な形状をしているため、恥垢などが溜まってしまう部分が女性器には沢山に存在します。
あくまでも優しく洗体するわけですが、しっかりと細かなところまでチェックしながら洗っていきましょう。

こういったことを怠ったことによって、パートナーからセックスを拒否され、セックスレスになり、FSDの要因であるトラウマレベルのショックを受けてしまわないためにも、時間をかけてでも丁寧に優しくケアしていきましょう。

また、女性によっては、どうしても痒みなどが出てしまうという方もいますから、それ専用の石鹸やボディーソープなども販売されていますので、それをためしてみると良いでしょう。